開廊20周年記念企画 故鷹見明彦氏の企画作家シリーズ

渡 辺 好 明 遺 作 展

2019.10.7(mon) ー19(sat)・日休  12:00ー 19:00 ( 最終日 17:00まで)


2009年に急逝された美術家・渡辺好明はロウソク等を使用した屋内外のインスタレーションで周知されています。「プラトン立体や黄金比、フィボナッチ数列などの生成の法則とロウソク列の燃焼プロセスの相克に、光として現前し去りゆく時間の相を変奏する渡辺好明」(鷹見明彦企画展《SYNAPHAIー連系》2003年より抜粋)の没後10年を機に現代美術史に大きく貢献した足跡を実作を前に再考したいと存じます。

語る10.7(mon) 18:00 ー
・坂口寛敏(東京藝術大学名誉教授)
・半田滋男(和光大学表現学部教授)

企画監修:半田滋男
企画協力:岩間賢(美術家) 小瀬村真美(美術家) 渡辺勝明

表参道画廊+MUSEEF
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-17-3 アーク・アトリウムB02/B03
TEL/FAX:03-5775-2469

http://www.omotesando-garo.com